BLOG

Hearth-craft maintenance

勾配屋根の煙突屋根仕舞

勾配屋根の煙突工事に伺いました。

現場に足場があるうちに、屋根の上の部分を納めてしまいます。

 

今回はチムニー(煙突囲い)のない勾配屋根ですので、フラッシングという部材を屋根材の下に仕込みます。

 

 

煙突を屋根に支持部材で固定後、フラッシングを仕込みます。

 

 

 

コーキング、防水テープにて防水処置を施します。

屋根材が施工されればこの部分は屋根材の下に入る部分になります。

 

 

水切りとなるカラーを取り付け、こちらもコーキング等にて隙間から雨が入らないように処置します。

写真には写っていませんが、この後紫外線によるコーキングの劣化を防ぐためのカラーをもう一つ取り付けています。

 

 

煙突を伸ばし、トップを取り付けます。

今回は勾配があるため煙突を長く伸ばす必要があるため、屋根上にてもう一点支持をとっています。

 

あとは屋根屋さんに水が入らないように屋根部材を施工していただき、室内側の工事が進めば室内の煙突を伸ばしてストーブを設置すれば完了となります。

 

SHOP INFORMATION

ショップのご案内

ショールームは予約制とさせていただいております。心行くまで薪ストーブをご覧いただけます。
ご来店の際には予めご連絡をお願いいたします。